BeLica

BeLica(ベリカ)は「オトナ女性はもっと自由に美しく!」を合言葉に、美容、ダイエット、食生活、ライフスタイルまで"ちょっとキレイになれる"オススメ情報を、等身大のレコメンダー達がお届けします。

こめ油 憧れ美肌をつくる強い味方!押さえたい選び方と美容効果

花

きれいのあるライフスタイルを提案するビューティクリエイター“ちょび”ことワキアヤコです。

わたしは若い頃は生理前にたまにニキビが出きるくらいでしたが、ある時ストレスから胃腸を壊した時に、同時に顔や首全体にに赤いニキビがたくさんできてしまいました。それから、皮膚科に通ったりスキンケアを見直してなんとか肌荒れを治すことができました。だけど以前に比べ肌質が変わってしまったのか、少しのことで肌荒れを繰り返すように…。

スキンケアイメージ

ここ数年前まで、肌を改善するためにできる範囲までのことはしてきました。だけど「このまま肌がキレイになることなんて、もうないかもな」と諦めモードでした。その頃は肌に自信がなくて、人と話すのも汚い肌を見られているような気がしてしまい、すごく嫌でした。

そんな私が食事を見直すことで、肌に少しずつ変化が見られたんです!もちろん美肌とはまだ程遠いですが、少し変わるだけでも自信がつくし、それでまた頑張れると、さらに成果として現れます。

米油

食事改善の1つとしてオイルを変えました。その時に使ったのがこめ油。こめ油が憧れ美肌へ近づけてくれる、美肌オイルだということをご存知ですか?早速ご紹介しちゃいます!

こめ油ってどんな油?

米

こめ油は、玄米を削り精白米にする時にできる「米ぬか」を原料としてつくられる植物油です。米ぬかには、ビタミンやミネラルがたっぷり含まれているので、こめ油の中にも栄養がたっぷり詰まっています!

通常の油は、熱を加えると酸化してしまいます。だけど米油は高温に強く、抗酸化作用のある成分を豊富に含んでいるので、酸化しにくいのが特徴です。米油で揚げると通常の油よりもカラッと揚がるので、サクサクとした食感を楽しめます。揚げ物も、いつもよりおいしく食べることができますよ!

こめ油を選らびたくなる!すばらしい美容効果!

女性

油の種類はたくさんありますし、お値段もピンキリです。選ぶ基準もおうちによって様々です。家族の人数や、よく作る料理、お財布事情まで。

わたしの近くのスーパーでは、最近こめ油が品薄になっているのをよく見かけます。米油は油の中でも、少量でお値段もそれなりにするので、コスパが良いものではありません。それでも主婦を中心とする多くの人たちに選ばれてる理由が、こめ油には隠されているわけです。

こめ油はスペシャルな“ビタミンE”が豊富

花が飾られた女の子

ビタミンEは、「若返りのビタミン」と呼ばれるほど、強い抗酸化作用があります。細胞の老化を防いで、いつまでも若々しく健康な体を保つためには欠かせないビタミンなのです。

そんなビタミンEにも種類があります。なんと米油に含まれるビタミンEは、スーパービタミンEと呼ばれる“トコトリエノール”なんです!

花

なぜスーパービタミンEと呼ばれているのかというと、通常のビタミンEよりも40~50倍もの抗酸化力を持っているからです。これは非常にうれしいところ!

またビタミンEは、ビタミンCと一緒に摂ることで相乗効果を発揮します。この2つを合わせるとぐっと美肌効果が高まります。こめ油を使って熱に強いビタミンCが豊富なさつまいもやじゃがいも料理を作ると、美肌力UPには最適ですね。

花をもった女性2人

☞ビタミンEの美肌効果
・血行促進作用で、お肌の新陳代謝がよくなり美白効果が期待できる
・紫外線などの外敵刺激から肌を守る、バリア機能がUP!
・女性ホルモンのバランスを整える効果がある
・吹き出物や乾燥などの肌荒れを予防する
・アンチエイジング効果が期待できる
・悪玉コレステロールの酸化を防いで、生活習慣病を予防する   etc…

料理

ちなみに、ビタミンは水溶性か脂溶性の2種類に分かれ、ビタミンEは脂溶性ビタミンに分類されるので、油と一緒に摂ることで、吸収率がUPしますよ!

お米の天然ポリフェノール“ γ-オリザノール”で美と健康を

米

名前がなんともインパクトのある“γ-オリザノール(ガンマーオリザノール)。これは米ぬか特有の成分です。γ-オリザノールは、豊富にポリフェノールを含むことから、優れた抗酸化力を持っています。

草むらでクッキーを食べる女性の脚元

☞γ-オリザノールの美と健康効果
・乾燥や肌荒れを防ぐ
・紫外線を予防し、シミ・ソバカスを防ぐ
・血管を広げ血行をよくする
・脳の働きをよくする 
・自律神経のバランスを整える
・コレステロールを減らす
・肩こりや腰痛を和らげる      etc…

γ-オリザノールのパワーは、さきほどあげた意外にも、更年期の症状の緩和、アトピーなどの乾燥性皮膚炎の改善効果も期待できるなど、様々な体に起こる症状を予防し緩和させる、すごい成分です!

こめ油の“オレイン酸”で体の健康を守る!

薔薇

美しくあるために、まず1番必要なのは健康であること。健康であるからこそ、肌も髪もイキイキとしたツヤが生まれます。オレイン酸は、女性のキレイをいつまでも応援する強い味方となる成分です。

☞オレイン酸の健康効果
・コレステロール値を低下させる
・糖尿病、高血圧、動脈硬化などの生活習慣病の予防
・便秘の解消

白人女性

オレイン酸は、老化によって発症しやすい病気の予防・改善へと導く健康効果があります。

「美肌の持ち主は、キレイな腸を持っている」とよく言われますが、オレイン酸は腸を活発にする働きがあるので、腸内環境を整えてくれます。毎日排便があっても、実は隠れ便秘という人も意外といます。なんだかお腹がスッキリしない人にもおススメです。

油の食物繊維 “植物ステロール”で健康美人に!

芝生の上の脚

植物ステロールとは、ファイトケミカル(植物由来の化学成分)の一種で、別名「油の食物繊維」とも呼ばれている成分。悪玉コレステロールが体内へ吸収するのを阻害する効果があり、免疫力アップ効果があると言われています。

植物ステロールは、コレステロールを低下させる効果があるので、生活習慣病の予防と改善が期待でき、免疫力が高まることにより、ガン予防や進行を防ぐ効果が期待されているほどの健康効果が高い成分です!

こめ油の摂り方&選び方

米

こめ油のすばらしさを知ると、今日からでも食事に取り入れたくなりますよね。その前に、摂り方、選び方をご紹介していきます!

こめ油の摂り方

揚げ物

その1.☞熱にも強く劣化しにくいのが特徴なので、ぜひ揚げ物の時には米油を!

その2.☞お米を炊く時に入れる。米油を入れることで、よりおいしく炊くことができますよ。
    入れる量の目安としては、お米2合に小さじ半分くらいで大丈夫です。

その3.☞お菓子作りの時の油として、パンに塗る油としてもおススメです。

摂取量の目安
1日大さじ1杯程度で十分です。とり過ぎにはご注意を!

こめ油の選び方

オイル

こめ油は、ほとんどの原料が国産ですので安心ができます。

そして出来れば圧搾法で作られたもの、一番搾りなどと表記されているものが好ましいです。

米畑

抽出法といった製法のものもありますが、ノルマンヘキサン(有害な溶剤)を使って米油を作っています。ですが、作る際に最終的にノルマンヘキサンが残る事のないように義務付けられているそうです。

とはいえ、体のことを思えばノルマンヘキサンを使わずに作られた米油の方がより安心して使うことができますね。

おすすめこめ油

SANWA コメーユ
SANWA コメーユ
〇内容量:110g

どんな料理に使っても、不思議なくらいおいしくなる。

三和油脂 つや姫こめ油
三和油脂 つや姫こめ油
〇内容量:180g

美容と健康に良さそうと感じ、毎日小さじ一杯を夕食後に飲んでいます。

おわりに

花

                      
こめ油が支持される理由は、驚くほどの美容と健康を助けるパワーを持っているからこそ。そしてこめ油はクセがないので、色々な料理で使うことのできる、使いやすさも支持される理由のひとつかもしれません。ついつい、女性にとって抵抗のある揚げ物も
米油で揚げることによっておはしが進んでしまいそうですね!

これから家に常備しておく油を“こめ油”に変えて、おいしくキレイにを叶えてみてはいかがでしょうか?使えば使うほど、明日のあなたの肌がキラキラと輝いていくはずです。

-食生活
-, , ,

Copyright© BeLica , 2019 AllRights Reserved.