BeLica

BeLica(ベリカ)は「オトナ女性はもっと自由に美しく!」を合言葉に、美容、ダイエット、食生活、ライフスタイルまで"ちょっとキレイになれる"オススメ情報を、等身大のレコメンダー達がお届けします。

アーユルヴェーダに学ぶ食事法 自分の体質にあった食事してる?

水辺で瞑想する女性

幸せなカラダとココロを作るガイド人、ヨガインストラクターのCHIHIRO(ちひろ)です。

みなさんは“自分の体質にあった食事”を毎日とっていますか?

食事をする女性の口元

「健康」や「美容」に配慮した食事内容を心がけている人も増えていますが、自分の体質にあったとなると、「うーん」と首を横に傾ける人が多いのではないでしょうか。

世界最古の伝統医学といわれるアーユルヴェーダ。

並ぶ女性の仏像

アーユルヴェーダとは、その名の通り「生命の科学」「生命の知識」といわれるインド・スリランカの伝統医学であり、予防医学・治病医学にとどまらず、高度な生命哲学としても注目されています。
引用:Ayureda Life

デイジーの花

そんなアーユルヴェーダでは
✓ヴェーダ
✓ピッタ
✓カパ
の3種類のドーシャ(体内を構成する要素)のバランスによって、自分のプラクリティ(体質)が決まります。

※自分のプラクリティ(体質)を知りたい方は、アーユルヴェーダ式体質チセルフェック!健康&キレイになろうの記事で早速チェック!

様々な食材とカラトリー

そしてそれぞれのプラクリティ(体質)に合わせた、調理方法や食材を使った食事がすすめられています。

考えてみると、テレビや雑誌で、「健康になるには和食」「アサイーが美肌に良い」「甘酒の栄養価がすごい」など、ある食材が健康によいと伝えられると多くの人が買い求め、お店から売り切れてしまうことがあります。

様々な種類の野菜

だけど同じ食材を、同じ条件・量・調理法で食べたとしてもその結果は十人十色。同じ人間ですが姿・形が違うように、その人に合う食材だって当たり前に違っています。

アーユルヴェーダでは5000年以上前から、「みんなが違っていて当たり前。自分の体に合ったケアをしよう!」と提唱しているのです。

花畑で麦わら帽子を被った女の子の後ろ姿

今回は3種類のドーシャ(体内を構成する要素)別に、食材や調理法をご紹介しちゃいます。

体内を構成する「ドーシャ」って?

トリ・ドーシャのイメージ

「ドーシャ」とは、体を構成している基本組織のこと。これは人間だけでなく動物・物質・時間などすべてのものに存在すると考えられています。

ドーシャには“ヴァータ”“ピッタ”“カパ”の3種類があり、これを「トリ・ドーシャ」と呼びます。※「トリ」は3の意味。

アーユルヴェーダでは、このトリ・ドーシャのバランスが崩れることで病気になると考え、逆にドーシャバランスが整うことで健康になるということを根本理論としています。
しかし心の健康なくして体の健康はあり得ません。
アーユルヴェーダでは心の状態を第一とし、心身の相互関係を最重要視しています。
引用:ヨガジェネレーション

消化力に合わせた食事をとろう

スパイスが詰まったビンが並ぶ風景

現代科学において、食べ物の消化吸収には個人差があることが分かっています。1つの食材が全ての人に等しくよい、というわけでないのです。

5000年前に生まれたアーユルヴェーダでは、この個人差の重要性に気付き、それぞれに応じた生活や治療を基本的な考えの柱としてきました。

カップにはいったサラダ

時間帯、季節、年齢、行動や精神状態などの様々な要因によって、私たちのドーシャ(体内を構成する元素)は乱れます。それと一緒に、消化する力も変化していきます。自分のプラクリティ(体質)を知り、現在どのドーシャの影響を特に受けているかを感じ、バランスを調整するような食事を心がけることが大切です。

植物のアップ

では、ドーシャ別に具体的な食事を見ていきましょう。

消化力が不安定なヴァータ編

ヴァータの女性イメージ

ヴァータ体質の人にとっては、ヴァータを増大させないような食生活が必要です。つまり、ヴァータと反対の性質の食材や調理法などを選択するということです。

ヴァータの性質としては、「冷たさ」、「動き」、「軽さ」、「乾燥」などが挙げられます。「冷たさ」の性質をもつので、なるべく生野菜や冷たいものを避け、よく火を通したものやあたたかいものを食べるようにしましょう。水分を多く含み、適度な油分を含むものが理想的です。

温かいスープ

ヴァータ体質の人は、消化力が不安定です。食欲にムラもあるため、食事の時間が不規則になりがちで、「動き」のエネルギーであるヴァータが乱れやすくなります。規則正しい食生活を心がけるようにしましょう。

おすすめの食事

パスタ

味◇
甘味、酸味、塩味

性質◇
よく火が通りあたたかいもの、適度な油分があるもの

素材◇
米(特に胚芽米)、オーツ麦、根菜類(ニンジン、ダイコン、カブ、サツマイモ、カボチャなど)、アスパラガス、インゲン、ムング豆、ナッツ類(特にアーモンド)、果汁が多く甘いフルーツ(ブドウ、オレンジ、イチゴ、モモ、マンゴーなど)、バナナ、牛乳、ヨーグルト、柔らかいチーズ、少量の鶏肉、少量の魚、ギー、油(特にゴマ油)、など

調理法◇
スープ、煮物、蒸し物、炒め物、など

スパイス◇
甘味や熱性をもつスパイス(ショウガ、クミン、フェンネル、カルダモン、黒コショウ、ナツメグ、クローブ、シナモンなど)

控えたほうが良い食事

小皿に並んだスパイス

味◇
辛味、渋味、苦味

性質◇
生のもの、冷たいもの、乾燥しているもの、体を冷やすもの、消化に重いもの

素材◇
ナス科の野菜(ナス、トマト、ジャガイモ、ピーマンなど)、カフェイン(コーヒー、紅茶、緑茶など)、ドライフルーツ、など

消化力が強いピッタ編

ピッタの女性イメージ

ピッタの性質としては、「熱さ」、「鋭さ」、「少しの油っぽさ」などが挙げられます。「熱さ」の性質をもつので、熱いものや体を熱くするスパイシーで刺激的のあるものなどは、控えめにしましょう。

食卓に並べられた朝食

ピッタ体質の人は、強い消化力をもつため、すぐにお腹が空きやすい傾向があります。食欲が旺盛で暴飲暴食をしやすいので、食事を規則正しくとることや食事の前に気持ちを落ち着かせるなどして、量の取り過ぎを防ぐようにしましょう。

おすすめの食事

野菜や調味料

味◇
甘味、苦味、渋味

性質◇
冷たいもの、適度に油分を含むもの

素材◇
穀物(米、小麦、大麦、トウモロコシなど)、苦味や渋味のある緑黄色野菜(アスパラガス、キャベツ、小松菜、ブロッコリー、カリフラワー、レタス、オクラ、シソなど)、ナス、大豆製品、インゲン豆、グリーンピース、酸味が少なく甘味の多いフルーツ(スイカ、メロン、ブドウ、モモ、サクランボ、キウイ、マンゴーなど)、牛乳、無塩バター、無塩チーズ、カボチャの種、ヒマワリの種、少量の鶏肉、ギー、オリーブ油、など

調理法◇
サラダ、スープ、蒸し物、炒め物、など

スパイス◇
少量の甘味、苦味、渋味をもつスパイス(ターメリック、カルダモン、サフラン、コリアンダー、ナツメグ、クローブなど)

控えたほうが良い食事

食事する女性

味◇
酸味、辛味、塩味

性質◇
熱を上げるもの、熱過ぎるもの、刺激の強いもの

調理法◇
揚げ物、酢の物、など

素材◇
赤みの肉や魚、卵、辛味のある野菜(生のタマネギ、生のダイコンなど)、トマト、柑橘系のフルーツ、酸味のあるチーズや乳製品、ゴマ油、唐辛子、醤油、味噌、塩、アルコール、など

消化が遅いカパ編

カパの女性イメージ

カパの性質としては、「重さ」、「冷たさ」、「油っぽさ」、「安定性」、「粘り気」などが挙げられます。そのため、油分が少なく量も質も軽い食事がおすすめです。重いもの、ネバネバするもの、油分が多いもの、甘いもの、などはカパを増やすので控えめにしましょう。

テーブルに並んだプレートランチ""

カパ体質の人は、消化力が遅く弱いため、空腹を感じるまでに時間がかかります。しかし、食べることが好きなので、つい食べ過ぎたり、空腹感がなくても食べたりする傾向があります。自分の空腹感に意識を向けて食事の量に注意しましょう。定期的なプチ断食を行うこともよいでしょう。

おすすめの食事

たくさんの野菜

味◇
苦味、渋味、辛味

性質◇
油分の少ないもの、消化にいいもの、温かいもの

素材◇
大麦、ライ麦、蕎麦、アワ、大豆以外の豆類、葉野菜類(小松菜、アスパラガス、ブロッコリー、キャベツ、カリフラワー、白菜、セロリ、モヤシなど)、よく熟したフルーツ(モモ、ナシ、パパイヤ、マンゴー、クランベリーなど)、非加熱のハチミツ、少量の鶏肉、少量の白身の魚、麦茶、など

調理法◇
煮込み料理、スープ、炒め物、蒸し物、焼き物、など

スパイス◇
ショウガ、黒コショウ、ニンニク、クミン、シナモン、バジル、ターメリック、唐辛子、コリアンダー、カルダモン、など

控えたほうが良い食事

火にかけられた鍋

味◇
甘味、酸味、塩味のもの

性質◇
冷たいもの、体を冷やすもの、生もの、粘性をもつもの、油分を多く含むもの、甘いもの

素材◇
ネバネバするもの(納豆、オクラ、山芋、里芋、バナナ、餅など)、ゴボウ、レンコン、アボガド、砂糖、ココナッツ油、肉類、卵、ナッツ類、など、

まとめ

赤と黄色の花

みなさん、いかがでしたか?

アーユルヴェーダで食事は“消化力”に注目し、そして“プラクリティ(体質)”に合わせた食事をすることを大切にしています。

ドーシャ別食事のすすめ

ヨガをする女性

〇ヴァータ
規則正しい食生活を。冷たいものや生野菜は避けて、スープや煮込み料理など火を良く通したものを取るとGOOD。

〇ピッタ
暴飲暴食に気を付けて。穏やかな気持ちで食事をすることが大切。

〇カパ
消化が遅くてつい食べ過ぎてしまうことがあるので、食事の量に気を付けて。プチ断食もオススメ。

みなさんもプラクリティ(体質)が優勢なドーシャに合わせて食事をしてみることに、ぜひ挑戦してみてください。

ペールブルーの空

プラクリティ(体質)に合った食事を続けてみると、自分の身体から発せられている声をきちんとキャッチできるようになり、体調管理がしやすくなり、健康的な毎日が送りやすくなります。健康であることはキレイな女性でいるための1番大切な条件です。少しでもみなさんの生活が豊かなものになりますように。

-食生活
-, , ,

Copyright© BeLica , 2019 AllRights Reserved.