BeLica

BeLica(ベリカ)は「オトナ女性はもっと自由に美しく!」を合言葉に、美容、ダイエット、食生活、ライフスタイルまで"ちょっとキレイになれる"オススメ情報を、等身大のレコメンダー達がお届けします。

サロンの光脱毛の種類を詳しくご紹介!痛みや時間も方式によって全然違う?

レーザー脱毛が使用できない脱毛サロンでは脱毛方法として主に光脱毛が採用されていますが、一口に光脱毛と言っても使用している機械によっていくつかの種類に分類することができます。

そこで今回は脱毛サロンが採用している脱毛方法の中から、主流となっているIPL脱毛、SSC脱毛、さらに最近になって登場したSHR脱毛の3つについてそれぞれご紹介していきたいと思います。

IPL脱毛

IPL脱毛は「Intensive Pulse Light」の略称です。

肌に照射したキセノンライトがメラニン色素の黒い色に反応することによって脱毛します。

レーザー脱毛の痛みが刺すような痛みなのに対して、IPL脱毛の痛みは輪ゴムで弾かれたような痛みとされており、高い効果と痛みの少なさを両立していることから導入以後人気を集めています。

一般的に光脱毛というと、このIPL脱毛を指していることが多いです。

SSC脱毛


SSC脱毛とは、「Smooth Skin Control」の略称です。

ムダ毛の成長を抑えるジェルを肌に塗った後でライトを照射することによって、ジェルの成分が毛穴に浸透していきムダ毛の発生を抑えることができます。

またIPL脱毛とは違ってメラニン色素が薄くても脱毛効果があるので色の薄い毛や細い毛の脱毛に最適です。

ただし脱毛が完了するまでに2年以上は通う必要があるというデメリットもあります。

SHR脱毛 (蓄熱式脱毛)

3つの脱毛法の中でも最も新しいのがSHR脱毛です。

「Super Hair Removable」の略称で、光を照射するのはIPL脱毛と同じですが、こちらは毛根ではなくその上にある毛包と呼ばれる毛の基盤にアプローチします。

そのため黒い毛以外にも色素の薄い産毛や金髪にもしっかり反応します。さらにホクロやアザ、日焼け肌、敏感肌でも安全に脱毛することができます。

また通常の光脱毛では、毛周期に合わせて施術を行う必要がありましたが、SHR脱毛は毛周期に関係なく毛包への施術が可能になったため、好きなときに通えて最短6ヶ月で全身脱毛を完了することができます。

IPL脱毛に比べると光が弱いため痛みが少なく、さらに全身脱毛でも1時間程度の短時間で終了することができます。

まとめ

光脱毛の種類についてご紹介しました。

現在主流となっている脱毛方法はIPL脱毛ですが、そのメリットの多さからSHR脱毛が今後の脱毛方法の主流になるのではないかと言われています。

SHR脱毛を採用しているサロンの数はまだまだ少ないですが、これから脱毛を始めようと思っている方はサロンが採用している脱毛方法も合わせてチェックしておきましょう。

-エステ
-, ,

Copyright© BeLica , 2019 AllRights Reserved.