BeLica

BeLica(ベリカ)は「オトナ女性はもっと自由に美しく!」を合言葉に、美容、ダイエット、食生活、ライフスタイルまで"ちょっとキレイになれる"オススメ情報を、等身大のレコメンダー達がお届けします。

脱毛サロンに行くよりもおすすめ?家庭用脱毛器のメリット・デメリット、人気ランキングをご紹介!

脱毛をしたいと思っていても脱毛サロンに行くような時間や予算がないという方は多いかと思います。

とはいえ、カミソリなどでの自己処理は面倒なうえに肌に負担もかかるのでできるだけ避けたいところ。そんな脱毛に関する悩みを解決してくれるかもしれないのが家庭用の脱毛器です。

最近は様々な新製品が発売されており、その人気が高まりつつあります。

そこで今回は家庭用の脱毛器のメリットとデメリット、さらには今売れている人気脱毛器のランキングなども合わせてご紹介します。

脱毛器のメリット

まずは脱毛器のメリットをご紹介します。

脱毛費用が安い

脱毛サロンでは、1回の脱毛にどんなに安くても1万円以上、月額制を利用しても7,000~8,000円程度の費用がかかります。

脱毛器は安いものなら数千円、効果なものでも10万円以下で半永久的に脱毛することができます。

また電気シェーバーは安いものなら1千円~2千程度で購入できて何度も繰り返し使用できるので、カミソリを購入するよりも安上がりです。

種類が豊富

以前は電気シェーバーぐらいしかなかった家庭用の脱毛器ですが、今では多くのメーカーが様々なタイプの製品を販売しています。

中には家庭でレーザー脱毛や光脱毛を行える脱毛器も販売しており、目的や予算に応じた商品を選ぶことができます。

安全性が高い

医療用のレーザー脱毛などは出力が高い場合は肌トラブルを引き起こす可能性がありますが、脱毛器はあくまで家庭用の製品なので間違った使い方をしない限りは肌トラブルが起こる確率は低いです。

脱毛器のデメリット

続いて脱毛器のデメリットをご紹介します。

脱毛サロンに比べると効果は低い

メリットとして安全性の高さを挙げましたが、その分脱毛効果は脱毛サロンでの業務用の脱毛器具を使った脱毛と比べてしまうと低くなっています。

一部の高級品には業務用に負けないぐらいの脱毛効果があるものもありますが、その分値段も高くなってしまいます。

自己処理の手間がかかる

脱毛器そのものは電動ですが、自分自身で処理したい箇所に当てるという作業自体はカミソリなどで行う自己処理とさして変わりません。

高価な光脱毛器などは物珍しさで購入してしまって次第に使わなくなってしまうケースもありますので、購入前にその辺りもしっかり考えておきましょう。

自己処理が面倒な場合は全ておまかせの脱毛サロンに通うことをおすすめします。

脱毛器の人気ランキング

家電量販店の脱毛器コーナーでは実際にどのような製品が売れているのでしょうか。今年販売された新製品の中から特に売上の高い3つをご紹介します。

1位:フェリエ ES-WF41

自己処理が難しい顔の産毛ですがこの製品を使えば水なしでも簡単に剃ることができます。さらに眉毛のメイクもすることができます。

販売価格も2千円前後と非常にリーズナブル。持ち運びもしやすいので1台持っておくと便利です。

2位:サラシェ ES-WL50


脚、腕、脇、ビキニラインに使用することができる発売開始から15年のベストセラー商品。防水式なのでお風呂でも使うことができて、お掃除も水洗いできるので簡単です。

こちらも価格は3千円前後とお求めやすいので脱毛器の入門として試してみてはいかがでしょうか。

3位:ソイエ ES-EL8A

パナソニックの製品がベスト3を独占。こちらは付属のアタッチメントがアシ・ウデ用、ワキ・ビキニライン用、シェーバー、角質クリア、コームの5種類あるので用途に応じた処理ができます。

価格は調査時点で1万5千円前後とやや高めですが、1台で脱毛も角質もまとめてケアすることが可能です。

まとめ

今回は家庭用の脱毛器について簡単にですがご紹介しました。

高性能の光脱毛器などは数万円しますが、シンプルなシェーバーや脱毛器なら2千円前後で購入できる製品も多いので、興味がある方は実際に家電量販店まで足を運んでみてはいかがでしょうか?

また脱毛サロンに通う前の準備として脱毛器を使うというのもありなので、自分に合った脱毛方法を見つけてみましょう。

-エステ
-,

Copyright© BeLica , 2019 AllRights Reserved.