BeLica

BeLica(ベリカ)は「オトナ女性はもっと自由に美しく!」を合言葉に、美容、ダイエット、食生活、ライフスタイルまで"ちょっとキレイになれる"オススメ情報を、等身大のレコメンダー達がお届けします。

アーユルヴェーダ式体質セルフェック!健康&キレイになろう

ピンク色の蓮の花

幸せなカラダとココロを作るガイド人、ヨガインストラクターのCHIHIRO(ちひろ)です。

みなさんは“アーユルヴェーダ”って耳にしたことはありますか?

大きな仏像

アーユルヴェーダは約5、000年前にインド・スリランカで発祥した世界最古といわれる伝統医学。
『医学』と一口でいっても病気の治療のことだけではなく、予防医学にアンチエイジング、性や生き方に渡るまで、ほんとうに様々なことが書かれているのです。

厚みのある本

医学のみならず、生活の知恵、生命科学、哲学の概念も含んでおり、病気の治療と予防だけでなく、より良い生命を目指すものである。健康の維持・増進や若返り、さらには幸福な人生、不幸な人生とは何かまでを追求する
引用:ウィキペディア

そう、実はアーユルヴェーダって日本でも歴史がとても古く、文化の中に取り入れられています。

ヨガをする女性2人のシルエット

ここ数年ではモデルの方たちが“手軽にデトックスできる”と発信し、大ブームになった『白湯(さゆ)』もアーユルヴァーダのマストドリンクとして大切にされているもの。そして『アーユルヴェーダスパ』や『アーユルヴェーダ式レストラン』なども誕生しています。

しかしアーユルヴェーダの認知度となると、ヨガをやっている人たちや美や健康に興味のある人々など「知っている人が知っている」といった程度、というのが現状です。

マゼンタ色の花

「名前が覚えにくい!」「専門用語が多すぎてなんかよく分からない!」という方が、残念ながらたくさんいます。

「こんなに素晴らしくてキレイになれる教えが詰まっているアーユルヴェーダを、みなさんに少しでも知ってもらいたい」ということで、今回はアーユルヴェーダの基本的な考え方から、アーユルヴェーダ式の体質チェックで自分を知るヒントまで、ご紹介しちゃいます。

アーユルヴェーダの基本「5大元素」と「トリドーシャ」

アーユルヴェーダイメージ

アーユルヴェーダの大切な基礎の柱として、「5大元素」理論と「トリドーシャ」理論というものがあります。言葉だけ聞くと頭の中に「?」しか浮かんでこないかもしれませんが、まずはここから知っていきましょう。

本を上の空で読む女性

人間の体をはじめ宇宙の万物は、「空」、「風」、「火」、「水」、「地」の5つの元素で構成される、とアーユルヴェーダでは考えます。これが、「5大元素」理論です。
私たちの体はそれ自体が小さな宇宙で、宇宙にあるものはすべて私たちの体に、私たちの体にあるものはすべて宇宙にあるととらえるのです。

すすき

そして、これら5大元素のうち主に2つずつが対になり、「ドーシャ」と呼ばれる3つの生命エネルギーをつくります。私たちの体や心、自然界のすべての現象は、この3つのドーシャによって動かされ支配されていると考えるのが、「トリドーシャ」理論です。ちなみに、「トリ」は「3」を意味します。

芝生に寝そべる3人の女性

「トリドーシャ」は、「空」と「風」から生まれる「ヴァータ」、「火」と「水」から生まれる「ピッタ」、「水」と「地」から生まれる「カパ」で構成されます。

トリドーシャ

私たちの体や心の活動や機能は、「ヴァータ」、「ピッタ」、「カパ」のバランスがとれているかどうかによって大きく左右されます。

3人の女性

つまり、「健康な状態」は、私たちの中の3つのドーシャのバランスがとれていること、「健康ではない状態」は、3つのドーシャのバランスが乱れていること、と深く結びついていているのです。

本当の自分に近づいてみよう。アーユルヴェーダの体質「プラクリティ」

モダンアート風の女性

ドーシャが私たちの体や心を支配している、とお話しましたが、3つのドーシャは均等に存在しているわけではないのです。

ヴァータ、ピッタ、カパのそれぞれの割合は、ひとりひとりで異なるのです。その割合は、精子と卵子が受精する瞬間に決まり、一生変わることはないと言われています。

窓辺に並ぶ多肉植物

この違いが、その人らしさとも言える特徴をつくり、アーユルヴェーダでは「プラクリティ」と呼んでとても大切にしています。プラクリティは、「本性」を意味し「本来の自分の性質」のことをあらわします。

一列に並ぶ男女

自分がもって生まれたプラクリティのバランスをうまく調整すれば、健康で幸せに生きることができる、またみんな違っていて当然というのがアーユルヴェーダの教えなのです。
健康でキレイな体と心を目指すために、まずは自分の体質について知ることから始めてみましょう!

<

体質「プラクリティ」チェック

目隠しをした赤いランジェリーの女性

― Point ! ― あまり考え過ぎず、直感で答えてみましょう。

プラクリティチェック

一番多かったスコアを示すドーシャが、あなたの中で最も優勢で、乱れやすいドーシャです。(ただし、あくまでも目安とし断定はしないでください。正確な診断は、アーユルヴェーダ医師のもとで行ってください。)

アーユルヴェーダの体質「ヴァータ」「ピッタ」「カッパ」

太陽の降り注ぐ草花

「ヴァータ」体質の特徴

黄色い帆に囲まれた女性

 体◇  身長は低いか、細くて高い。体型は痩せている。関節が鳴る。
 顔つき◇  鼻は鷲鼻。目は小さい。歯並びは悪く、大小不揃い。
 皮膚◇  冷たくて、乾燥している。血管が浮き出ている。
 髪の毛◇  乾燥し、ごわついている。
 動作◇  機敏。話し方は早く、おしゃべり。
 食欲◇  不規則。
 睡眠◇  寝つきが悪く、眠りは浅い。
 好み◇  スリルや刺激のあるものを好む。お金を浪費しやすい。
 性格◇  想像力が豊か。常に新しいものや変化を求める。新しい環境への順応性がある。理解力が高くすぐに吸収するが、忘れるのも早い。気分が変わりやすい。

黄色いチューリップ
●バランスが乱れている時の症状
✓体が乾燥し、冷える。
✓フケが出る。
✓お腹にガスがたまる。便秘する。
✓不眠傾向になる。
✓腰痛、肩こり、頭痛など、体に痛みが出る。
✓高血圧や心筋梗塞などの循環器疾患、神経系疾患などの病気になりやすくなる。
✓イライラする。
✓不安や心配が強くなる。
✓緊張しやすくなる。
✓集中力がなくなる。

「ピッタ」体質の特徴

フラフープを持って踊る女性のシルエット

 体◇  体型は中肉中背。スタイルは良い。関節が柔軟。
 顔つき◇  目つきは鋭い。
 皮膚◇  温かく、やわらかい。赤みがかっている。ホクロやソバカスが多い。
 髪の毛◇  細く、やわらかい。
 動作◇  自己主張が強い。話し方は無駄がなく、攻撃的。
 食欲◇  旺盛。
 睡眠◇  あまり関心が無い。寝つきがよく、必要なだけ眠る。
 好み◇  見栄を張る傾向があり、高級品やブランド品を好む。
 性格◇  興味のあることへの集中力が高い。情熱的で知的。チャレンジ精神も旺盛で、リーダーシップをとる役割に適している。

真っ赤な花のアップ
●バランスが乱れている時の症状
✓皮膚に赤いしっしんやじんましんが出る。
✓喉がよく渇く。
✓体が熱い。異常に汗をかく。
✓口臭や体臭が出る。
✓若ハゲや白髪になる。
✓消化不良が起こる。下痢をする。
✓肝疾患、十二指腸潰瘍、心疾患、アルコール依存症などの病気になりやすくなる。
✓目が充血する。
✓批判的になり、ケンカ早くなる。
✓完全主義傾向が強まり、他人のミスが許せなくなる。

「カパ」体質の特徴

青い花畑でポージングする女性

 体◇  体型はがっしりとし、筋肉や関節が発達している。体力がある。
 顔つき◇  目は大きく、まつげは長い。目つきは優しい。
 皮膚◇  色白で滑らか。冷たく、しっとりとしている。
 髪の毛◇  黒くて多い。艶がある。白髪は少ない。
 動作◇  ゆっくりとしている。話し方も遅く、口数は少ない。
 食欲◇  食べなくても平気。
 睡眠◇  眠ることを好む。ぐっすりといつまでも眠る。
 好み◇  お金は使うより貯める方を好む。
 性格◇  理解は遅いが、一度覚えたら忘れない。慈悲深く、献身的。穏やかさと寛容さに満ちている。忍耐強く、着実に物事を成し遂げる。争いごとを好まない。

青い光が差す森に雪が積もった風景

●バランスが乱れている時の症状
✓あまり食べていないのに、肥満しやすくなる。
✓眠気やだるさがある。
✓体が冷え、むくむ。
✓お腹が空かない。
✓痰、鼻水、鼻づまりなどの症状が出る。
✓糖尿病や気管支疾患などの病気になりやすくなる。
✓物事にこだわるようになり、執念深くなる。
✓思考が鈍くなり、大ざっぱになる。
✓活動意欲がなくなり、内向的になる。
✓頑固で保守的になる。

まとめ

太陽の光を浴び佇む女性

みなさんいかがでしたか?

アーユルヴェーダでは3つのドーシャ

✓ヴァータ
✓ピッタ
✓カッパ
のバランスによって、プラクリティ(体質)が決まります。

1番優勢なドーシャは、バランスを崩しやすい部分にもなるので要注意です!

自分の健康やキレイを作るためには、まずは自分を知るところから。

自分を知って、バランスの取れたココロとカラダづくりにぜひ活かしてみてください。

-健康
-, , ,

Copyright© BeLica , 2019 AllRights Reserved.