BeLica

BeLica(ベリカ)は「オトナ女性はもっと自由に美しく!」を合言葉に、美容、ダイエット、食生活、ライフスタイルまで"ちょっとキレイになれる"オススメ情報を、等身大のレコメンダー達がお届けします。

ポジティブになる為の6つの方法 自分を大切に癒そう

カラフルな気球

「マイナス思考な自分を変えて、頑張らなくても愛され上手になる」方法を、セッションにてみなさんにお伝えしている、オーラソーマプラクティショナーの櫻井エリーです。

女性は「感情の生き物」とよく言われていますが、元気な時もあれば、落ち込む時だってあります。人生山あり谷あり。でももう、「落ち込みたくない!」「常にポジティブでキラキラ美しく輝いていたい!」そんな風に思い、明るくポジティブな女性に憧れている人は多いのではないでしょうか。

こっちを見つめる笑顔の女性

ポジティブな女性達は、ある思考や行動を習慣にして自分らしく生きているのです。ポジティブでいられるのには、ちゃんと理由があるという事です。

今回はポジティブでいるための、6つの方法を説明させて頂きます。あなたもこの記事を見て行動すれば、常にポジティブでキラキラ輝く女性たちの仲間入りですよ。

その1、余裕を作る

コーヒーとスプーン

ポジティブな女性は、気持ちに余裕があります。相手のいいところ見つけて自然に褒めることができます。そして、力みのない柔らかい笑顔。どんな人もウェルカムな雰囲気で周りの人から好感度が高いです。どうしたら、この余裕が出来上がるのか?

それは、自分に対して「好き・嫌い」というジャッジをしていないから。人はどうしても、相手に対しても自分に対しても「良いor悪い」と決めたい生き物。でも、どっちかじゃないといけないなんて事はありません。ポジティブな女性はどんな自分でもオッケー!と、自分を認めることができます。

シャボン玉をする女性

そして「人のことを悪く思ってはダメ」や「こうあらねばならない」がネガティブになってしまう原因の一つ。相手の「こういうところが嫌だな」と思って良いし、もちろん腹が立っても良いのです。自分の感情に素直になってみましょう。

人を嫌ってはいけないという刷り込みがあると、“良い子”の仮面をつけたままで本当の自分がなかなか出てきません。ですので、ポジティブでいる為にまずは「どう思っても・どう感じても大丈夫」と自分に言ってあげることが大切です。

暗い空

“マイナス”と思っていることを素直に受け入れるという行為は、実は自分自身を認めて受け入れる事に繋がります。その状態はバランスが取れていて力んでいない状態なので、とっても楽なのです。この楽が余裕なのです

あなたも良い子を卒業して、自分の気持ちに素直になってみてくださいね。ポイントは「どんな自分もオッケー」です。

その2、サインに気づく

<大きな瞳

あなたは今まで、「辛すぎて悲しすぎて人生どん底だ!」という出来事はありませんでしたか?もう二度と、経験したくないような出来事です。実はこの辛い出来事こそ、あなたが成長するために起きた、ありがたいことなのです。

例えば、大好きだった彼から突然別れを言われた・浮気されたなど、心が苦しくなる出来事はあなたに“大切な何か”を教えてくれるサインなのです。

写真を撮る女性

人は衝撃的なことがないと、見失っているものに気づきにくいものです。なので辛いことの裏側には、あなたの“大切な何か”に気づくチャンスというと捉え方に変えていきましょう。それがネガティブをポジティブに変える力になります。

その3、自尊心を高める

寝そべる女性

あなたはいつも、相手のペースに合わせすぎたり、意見を伝えて否定されるのが恐かったり、相手ばかりが素晴らしい人に見えたり、自分を否定するのが当たり前になってしまって自信をなくしていませんか?

それは、幼少期の育ってきた環境や親との関係性から影響を受けていると言われています。例えば、こんな内容です。

子供2人

✓何か行動や発言をした時に、怒られてしまった。
✓認めてもらえなかった
✓意見を言えない状況が多かった
✓親が何でも決めてやってくれていた
✓誰も味方になってくれなかった
✓誰かと比較されていた
✓自分を責めるのが当たり前
✓優等生じゃないと認めてもらえない
✓親の顔色を伺っていた

涙を流す子供

幼少期に刷り込まれた記憶は大人になっても残っている事があります。「あなたはだめな子」と言われた記憶があると、自分はダメな子なんだという思い込みが潜在意識の中に傷として残っていたり。

自分自身を否定してしまう悪い癖を直す為には、自分が自分の味方になって過去の自分を癒してあげる事が大事です。具体的にイメージングで過去の自分を癒す方法があるので、ご紹介します。

イメージングで癒す方法

新生児

ゆっくり目を閉じていきます。目の前に、小さい頃の自分をイメージしてみましょう。その自分に対して「今までよく頑張ってきたね。辛かったよね。悲しかったよね。今まで気づくことが出来ずにごめんね。もう大丈夫だからね。安心してね。ずっとそばにいるからね。」と伝えてあげてください。そして、目の前の自分をゆっくり抱きしめてあげましょう。

このイメージを何度もやっていくうちに、小さい頃の満たされなかった記憶が癒されていきます。他の誰でもない、自分が自分を認めることで、どんどん自尊心が高まっていきます。それが結果的に、ポジティブでいる事に繋がっていきます。

その4、エネルギーの高める

走る女性

いつもポジティブでいる為には、エネルギーが必要です。今あなたは、こんな風に思ったりしませんか?

✓やる気が湧かない
✓何して良いか分からない
✓ボーッとしやすい
✓人生が楽しくない
✓何が好きで、何が嫌いか分からない
✓仕事が楽しくない
✓何だか満たされない

うつむいた女性

該当している項目が多いほど、あなたのエネルギーが少し低下しているかもしれません。
エネルギーを高めたい時は、五感を働かせるのがオススメです。五感とは、視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚です。エネルギーが足りないと感じる時は脳が疲れている場合が多く、五感に直接アプローチすることで脳をお休みさせることができ、エネルギーを貯めることができます。

マッサージ

一番早い方法は、体のマッサージをしてもらうこと。体にアプローチすると、体がどれだけ緊張していたかすぐに実感できます。いたわってあげると、こわばって緊張していた体が解れていきます。

体と心は繋がっていますので、体が緩むと心も緩んでいきます。そうすると思考もクリアになるので、エネルギーが湧いてくるのです。エネルギーが足りないと感じる人は、体にアプローチをしてゆっくりできる時間をとってみましょう。

その5、「ない」から「ある」の視点へ

森林の中に降り注ぐ光

人は「ない」と思うと、無条件にないことになります。でも、「ある」に意識を向けるとそれは存在する可能性が出てきます。

例えば、今手をつけていない過去に作った銀行口座の残高を改めて確認してみてください。今は「残高なんてあるわけがない」と思っていたとしても、残高が残っている場合もあります。

すりっぱをはいた子供の脚

小さい頃に両親から愛されていなかったという記憶があったとしても、実はそこに愛が存在していたり、自分には価値がないと思っていたとしても「あなたのおかげ」とあなたの存在価値を認めてくれる人がいたり。自分で「ない」にしてしまうと、「ある」に気が付けない状態になります。

手をつないだ男女

パートナーがいる人も「彼は何もやってくれない」という前提で彼を見ていると、本当に彼は何もしてくれないように見えてしまいます。でも、彼なりに何かやっているかもしれません。このちょっとしたすれ違いから、ケンカになってしまったりします。

では、どうしたらいいのでしょうか?それは、意識を「ない」から「ある」へ、癖をつけることです。「どうしてないの?」という意識を「あるかもしれない」へ変えていきます。そうすると脳が自動的に「ある」を探してくれ、「ある」ものにフォーカスできるようになるのです。その意識はまさしくポジティブそのものです。

その6、自分を満たす

しゃぼん玉で遊ぶ女性

あなたは自分で自分を満たしていますか?満たされる事により、人は自然とポジティブな思考になります。

「自分がどんなことが好きか分からない」という方は、まずは五感(視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚)にアプローチをしてみてください。何が好きで何が嫌いか。どんなことが心地よくて気持ち良いのか。その感覚をどんどん蘇らせると、自分に合うものがわかってきます。

目・髪・唇

むしろ、自分に合うものと合わないものが明確になるので、決断力も高まっていきます。そうすると、直感で物事を選べるようになっていきます。じっくり考えて出した決断も後悔しないのであれば良いと思いますが、考えれば考えるほど、本当の自分の声がわかりにくくなるのです。なので、しっかり感覚を磨いていきましょう。

感覚を磨いていくと、自分に必要な情報をどんどんキャッチできるようになります。“キャッチして行動する“を繰り返していくと、自分のエネルギーが周りにも影響を与えるようになります。

ビーチで寝そべる女性

「最近楽しそうだね」と言われ始めたら、あなたの出しているエネルギーはかなり良いエネルギーを出しているというサイン。その時はきっと、自分に夢中になっているのでマイナスに考える時間もないはずです。マイナス思考というのは、動きが停止している時に起こりやすいのです。

この感覚がつかめると、どんどん心が満たされていきます。

ハートの雲

今まで、自分以外の“何か”で満たそうとした経験はないでしょうか。その時は一瞬満たされても、また満たされない状態に戻ってしまったということがあったと思います。それは、自分以外のもので満たそうとしたからです。

外に答えはなく、自分の内側に答えがあります。自分の内側で起きていることが、外側に反映されますので、自分が満たされれば、自然と周りからもポジティブに見えるようになります。

いかがでしたか?

空を仰ぐ女性

ポジティブになるためには、自分のことを理解することがどれだけ大事なのか、お分りいただけましたか?

ポジティブでいられるかどうかは、すべてあなた次第なのです。

この記事を読んで頂いたあなたは、これからはポジティブでキラキラ輝く女性たちの仲間入りですね。ぜひ、ポジティブになるための思考を習慣にして“自分らしく”生きていきましょう。

-
-, , ,

Copyright© BeLica , 2019 AllRights Reserved.