BeLica

BeLica(ベリカ)は「オトナ女性はもっと自由に美しく!」を合言葉に、美容、ダイエット、食生活、ライフスタイルまで"ちょっとキレイになれる"オススメ情報を、等身大のレコメンダー達がお届けします。

小豆ってサプリレベルにきれいになれるスーパーフードって知ってる?                   

真っ赤な花

きれいのあるライフスタイルを提案するビューティクリエイター“ちょび”ことワキアヤコです。

仕事帰りの電車の中、ふと窓に映る自分の顔を見て思わずため息が。なぜならあまりに自分の顔が老けていたのです。「あれ?私の顔ってこんなにおばさんだったっけ…?」と。

鏡を見る女性

「今日は忙しかったし、たまたまそう見えただけなのかも」と、その場では無理矢理自分を納得させてやり過ごしたものの、その後毎日鏡に映るのは老け顔の自分。これは「年をとったな」と感じずにはいられない、ショッキングな出来事でした。

うつむいた女性

はじめは落ち込んでいたものの、「こんな時こそ美しく若返るチャンスかも!」と、気合を入れた私。それであるスーパーフードを積極的に食べるようにしてみたら、日を増すごとに鏡を見るのが楽しみになったのです。

そんな私に自信を取り戻してくれたスーパーフードは、お正月でぜんざいとしても登場する小豆でした。実は小豆には、いつまでも輝いていたい女性をサポートしてくれる、きれいになれる秘密がたくさんつまっているのです。

小豆

今回は小豆を30代からの女性たちにこそ、オススメしたい理由をご紹介します。

小豆が昔からどんな風に親しまれてきたか知ってる?

鳥居

小豆と日本との関係が深いのはご存知ですか?元々の原産は東アジアと言われていて、中国から日本にやってきたのは3世紀頃だそう。古事記や日本書紀にも小豆のことが書かれていて、8世紀頃にはすでに栽培を始めていたとされています。

小豆は日本では、厄払いやお祭りの行事に使用されてきました。日本に小豆を伝えた中国で魔除けの力が秘められていると信じられてきたことから、日本でも小豆はお祝い事などの日に使われています。めでたい時にお赤飯を食べたり、お正月の今もぜんざいに小豆が登場しますよね。

招き猫

さらに中国で最も古い薬学書には、小豆は薬の効き目があるとして記されています。小豆を薬として使うなんて今では考えにくいですが、日本に伝えられた時も薬の効き目がある食べ物とされていたようです。

古来から人々にとって特別な食べ物として親しまれてきた小豆。歴史を知るだけでも、凄いパワーを秘めている予感がしちゃいますね。

小豆はアンチエイジングの栄養がつまった宝庫だった!

双眼鏡をつけた女性

小豆には、ビックリするくらい色んなアンチエイジング効果がつまっているです。

その1.数ある食品の中で“トップ”を誇るアンチエイジング力!

食事の風景

アンチエイジングを行うためには、老化の原因となる活性酸素を抑える必要があります。そのためには、抗酸化作用のあるものをとる必要があります。

抗酸化作用がある成分といえばポリフェノールが有名です。このポリフェノールを豊富に含んでいる食べ物でよく挙げられるのが、ワイン・カカオ豆(チョコレートの原料)・ブルーベリーです。私はポリフェノールと言葉を聞いて、真っ先にワインが思い浮かびました。

赤ワイン

だけどアメリカ農務省の研究員が調べた結果、数ある食べ物の中で最も抗酸化作用の高い食べ物は小豆であると、発表したのです!小豆に全くポリフェノールのイメージがなかったので、すごく驚きました。

小豆

小豆にはカテキン、ルチン、アントシアニン、プロアントシアニンなどのポリフェノールが含まれています。その中でも、一番強力な抗酸化作用を発揮するのがカテキンです。カテキンと言えば、お茶に含まれている成分として有名ですが、小豆にもカテキンが豊富に含まれていたんです。これも意外でした。

またアントシアニンという、あまり聞き慣れないポリフェノール。これには眼病予防があるとされています。疲れ目を防ぐ効果もあるんです。パソコンや携帯電話を常に見ている私たちには、ぜひとりたいポリフェノールです。

その2.サポニンはアンチエイジングの強い味方

サングラスをつけた女性

小豆はサポニンという成分を含んでいます。何だか響きが可愛いサポニン。実はポリフェノールに負けないくらいに強力な抗酸化作用のパワーをもっています。このサポニン、とってもカッコいい仕事人なのです!

吊り下げられた花瓶

☞サポニンのカッコいい働き
✓むくみの改善
✓血中コレステロールを低下させる
✓中性脂肪を低下させる
✓便秘の解消
✓肌荒れの予防
✓ダイエット効果 など

たくさんあげたように、サポニンは、高い健康効果が期待できちゃうのです。

その3.肌美人には欠かせない腸内デトックス効果

お腹

腸が健康なことは、美を作る上で大切なポイントの1つです。腸内環境が悪いと、便秘や肌荒れが起きるばかりだけではなく、免疫力が低下して病気になりやすくもなります。更にひどい時には、うつ病などのメンタル面にまで影響しちゃうのです。

多くのトラブルを引き起こす便秘。できるだけ避けたいですよね。でも日本には便秘に悩む女性がたくさんいます。

腸内環境を改善するのに、大活躍してくれるのが食物繊維です。小豆にはこの食物繊維がたっぷり!どのくらい含まれているかを分かりやすくするため、食物繊維が豊富なイメージが強いごぼうと、小豆の食物繊維を比べてみました。

日本食品標準成分表2010
引用:資源調査分科会報告「日本食品標準成分表2010」について

ごぼうよりもこんなに小豆のほうが食物繊維を含んでるなんて、驚きませんでしたか?

食物繊維をとるメリットはたくさんありますが、その中でも嬉しいのがやっぱりデトックス効果です。食物繊維で腸の中からスッキリさせて、どんどん腸内から若返っちゃいましょう!

その4.まだまだある小豆の凄い栄養素たち!

小豆

小豆のアンチエイジングの秘密をたくさん伝えてきましたが、実はまだまだ凄い栄養素があるんです。小豆の効果はとどまることをしりません!

✓ビタミンB1、B2
✓カリウム
✓ミネラル
✓カルシウム
✓鉄分

オフィスレディ

こんなにたくさんの栄養が含まれています。どれも不足しがちな栄養素。食事が偏りがちな忙しいオトナの女性にもぴったりですね。

小豆のきれいになれる栄養を効果的にとるオススメの食べ方

日本の食卓

小豆に含まれるアントシアニンやサポニンは、小豆の皮にたくさん含まれています。なので小豆は皮ごと食べるのがおすすめです。

皮ごと食べる小豆料理はたくさんあるので、食べるのはそんなに難しくないと思います。あんこで食べる場合は粒あんがおススメです。

酵素玄米

他にも皮ごと食べる料理は、お赤飯やここ数年健康志向の人に大人気の酵素玄米もあります。

私が最近注目しているレシピは、小豆をシンプルに塩ゆでしたものをおつまみとして食べる方法です。忙しい時や、ちょっと小腹が空いた時に、ヘルシーなおやつとして食べるのにも良いですよ。

まとめ

観覧車

みなさんいかがでしたか?

古くから日本で親しまれてきた小豆。お祝いごとの時に食べたり、日本ならではの和菓子にも欠かせない存在です。

これだけ日本で定番の食材となった理由は、おめでたいからだけではなく、身体の中から若々しく毎日を送るための栄養と美が得られることが理由なのかもしれませんね。

私も今まで以上に小豆を食事にとり入れて、身体の中からキレイを目指したいと思います!

-スーパーフード
-, , ,

Copyright© BeLica , 2019 AllRights Reserved.