BeLica

BeLica(ベリカ)は「オトナ女性はもっと自由に美しく!」を合言葉に、美容、ダイエット、食生活、ライフスタイルまで"ちょっとキレイになれる"オススメ情報を、等身大のレコメンダー達がお届けします。

収納テクニック ズボラでも実践できる簡単シンプル収納

シンプルインテリアの部屋

こんにちは、シンプルな暮らしにちょっとかわいいエッセンスをお届けするインテリアフォトグラファーのあっちゅです。

SNS上ではステキなインテリアのお家の写真があふれています。すっきり片付いたピカピカに見えるお家。おしゃれなかっこいい海外のようなお家。今話題のミニマリストの人たちとか、信じられないくらいすっきりとシンプルに暮らしています。どれも憧れますよね。私もそんなお家の写真を眺めながら、ヨダレを垂らしている人のうちの一人です。

主婦

私は主婦歴6年半、4歳と1歳の男の子を育児中のずぼら女子でもあります。

わが家に来た人はありがたいことに、みんなキレイだと言ってくれて、なぜかみんな断捨離を決意して帰っていきます。

車から投げ出した足

けれど、私の性格はかなりの面倒くさがりの適当人間。掃除は苦手だし、おそらく普通の人より全然ちゃんとやっていない。片付けは一応するけど、完璧な収納は苦手。やらなくてもいいことは、なるべくやりたくない。だめな性格です。

しかも子どもたちは散らかし盛り、夫は片付け能力ゼロ。あぁ…書いていて悲しくなってきました。それなのに、まるでキレイ好きかのように見えるらしいのです。

2人の女の子

そんなずぼら女子の私でも、すっきりキレイなお家に見える秘密は収納!一度収納を整えてしまえば、あとは少しの努力だけですっきり片付きます。

すっきりシンプルなお部屋見本

こんな私だからこそ思いついた、こんな私ですら実践できる、とっておきの面倒くさがり屋さん向けの収納方法をご紹介します。

ちょっとやる気を出して、収納を整えてみませんか?

すっきりシンプルなお部屋とは?暮らしやすくするためのポイント

シンプルなインテリア例

すっきりしたお家とは、一体どんなお家のことでしょうか。

私の個人的な考えですが、まずは暮らしやすいことが第一条件だと思います。

はしごと緑の壁

?空間はなるべく広くあける
?動線が取りやすく、身体の大きさにあっている
?家具の配置が整っている

部屋の中を移動するときに、ぐるっと回らないと行けない場所や、身体を横向きにして通らないといけない場所があったら、ストレスが溜まりますよね。

人が歩くには、通路になるスペースを確保する必要があります。平均的な人の肩幅は約50㎝ですが、左右に余裕がないと家具や壁にぶつかってしまうことも。1人が正面を向いて歩くのに必要なスペースは55?60㎝、2人がすれ違う場合は110?120㎝。このスペースを基本に、場所によってアレンジしましょう。たとえばLDは、プライベートルームと違って人が集まる場所なので、ゆとりあるスペースを設定して。狭い部屋ではすべての通路に十分なスペースがとれないので、週に一度くらいしか使わない通路は多少窮屈でもしかたない、と割りきって。また、椅子を引いたり引き出しをあけたりするスペースも考えましょう。通路に十分な広さがないと歩きにくくなってしまいます。特に大柄な家族が多いお宅では、やや広めにスペースをとって。
引用:みんなの家づくり

人の幅とスペースの取り方

また動線の問題もありますが、大きな家具をたくさん配置すると、地震などの災害の時に転倒するなど、安全面も心配です。

もう一つの条件として、片付いているということです。

片付いた部屋

✓物がそこら中に散乱していなくて、生活する上で邪魔にならない
✓探し物をしなくてもよく、すぐに必要なものが取り出せる
✓あるべきでない場所に、ものが置かれていない

散らばった文具

せっかく動線が保たれていても、そこに脱ぎ散らかした服や、帰ってきて投げ捨てたバッグなどがあっては台無しです。食事をしようとした時に、机の上に物が散乱していては、いい気分ではないですよね。爪を切ろうとして、「爪切りがない!」と探し回ったことはありませんか。

余計な心配ごとや面倒なことがなく、ストレスフリーな空間。それがすっきりシンプルなお家なのだと思います。

リラックスした女性

では、すっきりシンプルなお家にするためには、一体どうしたらいいのでしょうか。

「物が多すぎるから一念発起して断捨離!」「片付ける場所がないから家具を購入!」
など、様々な方法がありますね。自称ずぼら女子代表の私がおすすめするのは、次の方法です。

今ある収納を最大限に活用!空間を広く残すためのコツ

収納アイテム木のBOX

今現在、あなたのお家にはどんな収納場所があるでしょうか。

押入れ、靴箱、洗面台の下、クローゼット、キッチン収納、リビング収納、パントリー、階段下収納といった作り付けの収納、そして手持ちの家具。それらを有効活用しましょう。

インテリア例

ぎゅうぎゅうに押し込んで、使いづらくなっていませんか?扉をあけたら雪崩が起きませんか?何がどこにあるのか、わからなくて困っていませんか?

そんなのもったいない!今ある収納を最大限に活用することこそ、すっきりライフへの道なのです。

収納1

私は新婚当初、とても小さな社宅に暮らしていました。作り付けの収納は小さなキッチンについた開き戸と吊り戸、襖(ふすま) 3枚分の押入れが1つと小さな靴箱が1つ、家の外に小さな倉庫が1つ。洗面台すらないのです。

小さい窓

これだけの収納で、夫婦2人分の荷物を収納しなければならなくなりました。そしてとにかく狭い。洋服用のタンスなど置いてしまったら、寝る場所がなくなるくらい狭いのです。

押入れは奥行きもあって、襖(ふすま)が付いているので全開には出来ないし、なかなか使いづらいものです。その当時の私は、そこに洋服、布団(しかもダブルサイズ)、写真アルバム、アイロン、掃除機までも入れなければなりませんでした。

布団

考えた結果、押入れの奥行にあった引き出しを、大量に購入。上段奥にカラーボックスをたくさん置き、手前にはハンガーラックに洋服をかけ、かき分けると奥の棚のものが取り出せる仕組みにしました。掃除機の定位置も確保しました。さすがに長い丈の洋服は小さなラックを買ってかけることになりましたが、最低限の家具であの狭い社宅をわりと快適に暮らせたと思っています。

押入れ収納例

現在のわが家の押入れでも当時工夫したことを取り入れ、襖(ふすま)上段にハンガーラックを導入し、その奥にカラーボックスを設置しています。服をかき分けると簡単に奥のカラーボックスの物を取り出すことが出来ます。

「家が片付かない!」となった時に、闇雲に収納家具やまとめておくためのカゴなどを購入してしまうと、ただ家が狭くなっていくだけです。先ほどの新婚時代の狭い社宅のような家なら尚更。

収納

どうしても必要なら家具を購入することになるかもしれませんが、それはすべての収納を見直して改善した、その後にしてくださいね。最後の手段に取っておきましょう。

アイテムごとに収納場所を決める!整理整頓はここから始めよう

オシャレなインテリア例

どこに何を収納するかを決めておくことはとても大切です。「物の住所を決めておく」というフレーズもよく耳にしますが、帰る場所を決めておかないと迷子になるものが増えてしまいどんどん散らかっていく、という負のループに陥ってしまいます。カテゴリーごとでもいいのでざっと決めてしまうといいです。

ノートとコーヒー

実際に収納に取り掛かる前に、ノートなどに書き出して頭を整理していくのもいいですね。

基本的なことですが、使う場所に使うものを収納します。使う頻度を考慮し、取り出しやすいところによく使うものを、手の届きにくい場所にはあまり使わないものを入れましょう。決まりにとらわれずに、自由に収納します。

わが家の収納場所の例です。

?おもちゃをテレビボードの引き出しに
?サニタリー用品のストックはトイレから一番近い洗面台の開き戸の中に
?お菓子は冷蔵庫の上のかごの中に
?料理のレシピ本はキッチンの吊戸棚に
?よく着るアウターやバックはリビング横の押入れの上段に
(ハンガーラックを入れています)
?説明書、保険、住宅関係の書類は押入れの奥に入れた棚の中に
?子どもの幼稚園の制服などはリビング収納の中に
(棚が可動式のカラーボックスを入れて、つっぱり棒を渡してハンガーをかけています)

棚のチューリップ

意外とここにはこれを入れないと、と囚われている場合があります。なんでもありですよ!自分が使いやすく、便利な場所を発見してみてくださいね。

収納アイテムをとことん活用しよう!

私もそうなのですが、お部屋が散らかるタイプの人はきっちりしたことが苦手ですよね。むしろそういう人にこそおすすめなのが、同じボックスを収納場所にずらっと並べる方法です。

同じ種類の収納BOXを並べる

SNS上で見かけたことはありませんか?パントリーやクローゼットの中に、ずらっと白いボックスが並び、美しくラベリングされ、完璧な光景を。

「あぁみんなキチンとしているのね…私ときたら…」と敗北感すら感じるあの光景。でも、一度整えてしまえば中身も見えないし、カテゴリー分けしていれば何がどこにあるかすぐにわかるし、実はとっても楽な方法だと思うのです。

観葉植物

「あれはどこに入れたんだっけ」などと、探し回らなくて済みます。それに、見た目がスッキリしたらテンションがあがりますよね!

ずらっと並んだ収納ボックスを眺めていたら、収納上手になった気分になってうっとりできますよ。“形から入る”、というのも1つの手かなと思います。

同じ種類の収納BOX収納例

また、収納のなかをボックスで埋め尽くすということは、自分の家に収納できるものの量の限界を知ることができます。そこに入らなくなるたびに、「どうしようかな」と収納と向き合うことができる機会が訪れるのです。

そうすることで、だんだん買い物をするときにふと思いとどまったり、「これは処分しようかな」と思いついたり、家が片付いていくための小さな気づきが生まれてくるようになるのです。

白い書類ケース

収納ボックスを購入する時のポイントは、なるべく同じ種類や色でまとめて並べると見た目がすっきりします。私のおすすめはどこでも揃いやすい白で統一する方法です。

大きさは、1つのカテゴリーの物を1つのボックスに入れられるように、あまり大きすぎないものがおすすめです。お子さんのおもちゃなどは、お子さんも自分で片付けられるようにざっくり大きめがいいでしょう。家族がわかりやすいように、シールやマスキングテープでラベリングするのも良いですね。

マスキングテープ

収納しながら、「やっぱりこれはこっちかな」と迷うこともあるかもしれませんし、生活していくうちに合わなくなり収納を変化させることもあると思います。そんな時に気軽に場所を変更できるよう、どこでも使いまわせる同じ種類の収納グッズを家のあちこちでたくさん使うのがおすすめです。また、足りなくなった時に簡単に買い足すことのできる、高価すぎず、すぐに手に入る定番の商品を選ぶといいでしょう。

おわりに

ダイニングインテリア例

収納についての基本的なことをお話してきましたが、いかがでしたか?

✓動線が整っていて暮らしやすい
✓片付いていてストレスフリー
✓収納は今あるものを最大限活用する
✓モノの住所が決まっている
✓収納アイテムを取り入れる

すっきりシンプルな収納でお部屋をキレイにするための、今回のポイントです。
意外に簡単なことばかりだと思われた読者の方もいるのではないでしょうか?

シンプルインテリア

収納アイテムを揃えていくのは、お金と時間がかかり少し大変かもしれません。家のどこか1つの棚からはじめてもいいです。100円均一にもたくさんいいアイテムが揃っています。

のんびりコツコツでもいいですし、やる気になった時に一気にやるのもいいですね。ご自分の性格に合わせて、ぜひやってみてください。

新婚当時、押入れ収納を極めるべく私が読んでいた本をご紹介します。

『すっきり暮らすための収納アイディア343』ORANGE PAGE MOOK
『すっきり暮らすための収納アイディア343』ORANGE PAGE MOOK
〇発売日:2009/4/2

この本、すごいです!今まで私が見てきた収納本って、立派すぎて到底まねできないモノか、チマチマしすぎて雑然として真似したくないモノのどちらかでしたが、この本で紹介されているのは、美しいのに簡単に真似できるものばかり!

この本を隅から隅まで読んで、収納の基本を学びました。今の私のお部屋作りの原点となった本です。非常にわかりやすく、色々な場所の細かいコツまで書いてあってとってもおすすめです。

-収納
-, , ,

Copyright© BeLica , 2019 AllRights Reserved.